興奮する錠剤バイアグラ

バイアグラ

1998年にアメリカでもっとも世間をにぎわせたニュースはクリントン大統領とモニカさんの不倫事件で、それに次ぐのがバイアグラの発表だった。サンフランシスコのクロニクル誌の記事だった。

 

当時のバイアグラの記事

 

外見は何の変哲もない小さな錠剤であるバイアグラが、インポテンツに悩む多くの男性たちを元気づけました。認可されて以来多くの男性の欲情が再燃しました。この薬は数々の倫理問題も勃発させました。

 

多くの薬はそうですが、小さくて何の変哲もない青い錠剤に翼状の再燃という可能性があるのです。少しばかりの可能性だけでなく、多くの男性が個のバイアグラに群がりました。

 

バイアグラは興奮と同時に、治療の必要性と保険の適用範囲をどう定義するかで倫理問題も引き起こしました。

 

バイアグラは服用することで精力絶倫な男、その犠牲になる捨てられる妻と言った昔からある不倫問題に直結してしまったのです。クリントン大統領の不倫にも後押しされてそのようなイメージがついたことは否めません。それ以外には多くの人々の口調を変えました。

 

バイアグラの収益と文化現象

 

バイアグラ

小さな青い錠剤バイアグラの認可によって、大木に医療市場と文化に倫理問題が引き起こされました。

 

発売報道した週刊誌でも、その巨大な利益と企業については報道されませんでしたが、医薬品としては史上最高の売れ行きを記録し、その結果、発売初年度に10億ドルを超える総収益を上げました。

 

2002年、バイアグラの製造元ファイザー社は、アメリカで第5位に高収益企業となりました。バイアグラについてこの手の話はみんなが知っています。誰もがバイアグラ物語を聞かされてきて、それが引き起こした騒動と相乗効果で、医学的大発明にとどまらず文化現象となりました。

 

バイアグラの問題は、文化研究と医療社会において拡大している重要な文化で、様々な目的を達成するために消費者がどのように商品を使用するのか焦点です。

 

バイアグラ現象の主要な立役者としてファイザーとほかの医療機関に焦点を充てる傾向にあり、そのせいで、バイアグラを形作り、バイアグラに形作られる多様な個人や集団の影が残念ながら薄くなってしまっています。

 

そしていつの間にか医療での知識、行為、解決策がどのように創出されるかを知る機会が見失われ、ファイザー社だけに決定権があるかのように見えるようになっています。だが、バイアグラ物語自体はおおむねファイザー社が練り上げたものであっても、多種多様な人や組織、社会的、経済的、政治的な出来事にも関連しています。

 

バイアグラ登場の土壌

 

バイアグラ

バイアグラが登場する以前からアメリカではすでにセックス、医療技術革新時代に突入していたので、勃起不全に対する医学的なアプローチの土台は出来上がっていました。

 

その時の日本ではまだそのようなことは考えてもいなかったし、勃起不全が社会問題になるような風土も完成していませんでした。

 

アメリカではバイアグラの登場のおかげで、男性自身が自分の勃起能力の衰退を感じることができたのだし、それ以外の性の問題に対しても注目するようになりました。

 

さらに連鎖反応場起こり、今では医学的、男性強化等分野に専念する企業の数も増えました。そこにビジネスチャンスがあると判断したからです。

 

バイアグラの登場にはその当時の社会状況の変動が大きく影響しています。医学の拡大・科学技術の進歩・医薬品の既成の解除・性生活の不満ということが相まってバイアグラの感性が進んでいます。

 

医学の拡大はバイアグラの登場にはなくてはならないものでした。それ以前は精神医学に多くの医療関係者が注力していて、その生物学的へのベクトルが極限に達したので薬学的へベクトルが推移した時でした。

 

さらに出産・薄毛・鬱・更年期などが医療化され、これらの症状は以前では医学とは無関係だとされていました。その風土にバイアグラはのっかった形で研究が進められていたのです。